ズボラママの幸せライフ♡

美容と健康方法、本や映画・ドラマ、英語の勉強、備忘録など日々の気になった事の記録です。子育てブログはこちら!https://babyintokyo.hatenablog.com

たし算 英語でなんていう? 20210701 

毎朝、娘と朝勉強をしているのですが、
足し算を教えている時に、


「あれ?足し算って英語でなんていうんだっけ?」

 

と忘れていたので、調べました(笑)

 

たし算 英語でなんて言う?

調べてみるといくつか表現がありました。

 

一般的に使われる「たし算」は 

たし算 = addition 

 

 

やや数学的?な表現なのか、イメージは加算? 

たし算 = summation

 

 

口語的表現として

たし算 = tot ←totalの短縮語

 

 

があるそうです。

 

旦那に確認した所、通常使うのは、Additionで問題なさそうです。

 

 

 

たし算 英語で数式の読み方は?

 

次に計算式を英語でなんていうかですが、

 

5+2=7

Five plus two equals seven.

 

ポイントは equals と S がついていること。

 

よく知っている equal は「等しい」や「同一」、「公平」などと云った
形容詞の用法ですが、この場合は動詞として使われています

 

Five plus two equals seven. 

↑ 下線の部分が三人称単数ということです。

 

 

 

他にも

 

5+2=7

The sum of five and two is  seven.

 

という言い方も。

名詞の summation と連動した、こちらの方が何となくカタイイメージですね。

 

 

たし算の問題を出すときには、どう言う? 

 

「7たす4は??」

のような会話の中で使うシチュエーションでは、

 

 

If you add 7 to 4, what do you get??

 

What do you get when you add 7 to 4??

 

のような言い方だそうです。

 

when も if もどちらも間違いではなく、

what do you get? は、わかる?と言う感じの意味だと思います。

← getって意味が多いし、色んな使い方がありますよね。

 

 

次回、娘にたし算を教えるときに使ってみます!